トップイメージ

予測せず思いがけず遭遇してしまうのが自動車事故です。

その状況でどんな行動したかが原因となり、自動車保険料の受け取りも相当大きく差が出る場面も予想できますので適切な判断と対応力が求められます。

思っていないハプニングに出会って気が動転してしまうのならば必要な対処を見逃してしまい、その先とても大きな損を受ける状況もありますので乗用車の事故をしたケースは正確に以下に述べる処理するようにするとよいでしょう。

車の事故に遭遇した場面で一番にするべきは負傷した方の確認です。

の後すぐは虚脱状態になってしまう場合があり直ちに動くことができないのが現実です。

なので、負傷した人がいたとしたら危なくないところへ移してできる限りの処置して、周囲に助けを求めるなどして人命優先に努めることが大切です。

119番通報する場合は正確な位置を連絡し、良く分からない状況では近くの有名な建造物や場所名を連絡し事故の場所を特定できるようにします。

その後に警察署に通報し、交通事故があった事また現在の様子を伝えます。

救急車と警察を待っている時に負傷者の事を聞きます。

姓名、住んでいるところ、TEL番免許証番号、ナンバープレート、事故の相手の自動車保険会社名という各々の内容を伝えます。

この時相手側に原因が存在する場合事故現場で結論を出そうとすることがよくありますが即刻処理するのではなくどんな風な状況であれ警察や保険屋さんに報告して、正確にチェックしてもらいます。

互いの内容を交換したら他の車の妨げにならないために邪魔な物を道路の上からどかします。

もし邪魔な物が他者の車の邪魔となっている場合は、それぞれの情報を交換する前にこの対応を終わらせてしまっても問題ありません。

その後自身の加入している車の保険会社に連絡を入れ事故が起こった事を電話します。

交通事故から特定期間の間に自動車保険会社に連絡しておかないと、自動車保険の適用されない事態もありますので可能な限り時をおかずに行うことが必要不可欠です。

出来るのならば事故の跡としてデジタルカメラや携帯等で事故の現場や自動車の破損状態の写真を残しておきます。

その写真は責任の割合決定する手がかりとなりますので自らの車や相手のクルマの故障個所を的確に証拠に残しておきましょう。

その際に第三者がいたとしたら警官や保険会社が到着するまでその場に待機して頂けるように頼むのも必要です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.museum-network.com All Rights Reserved.