トップイメージ

外国為替市場としての外国為替証拠金取引を見ていきましょう。

外国為替証拠金取引では、金を売り買いしそれら通貨の差益を獲得できるというような手順となります。

このような二種類の貨幣の関係で生み出される差額をスワップ金利といっています。

このようなスワップ金利とは、正式名はスワップポイントといわれるとのことです。

FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント(スワップ金利)というのは、一日ごとに得られますがしかし日ごとの為替の変わり方次第で変わるようです。

こういう外国為替証拠金取引のスワップポイントをもらうことをねらいに為替トレードをやっている方もいるようです。

スワップ金利はFX業者それぞれに異なるのでできるだけ利益が多いFX業者を使いたい所です。

ただ、スワップポイント(スワップ金利)は為替のレートが変わってしまうと変化するので用心しましょう。

併せて、為替取引をやる時はチャートを読み取る事が必要になります。

こうした図表を読み取る事で為替取引の変動を理解する可能となるようです。

為替取引を初めてやる人が見た際何を示している図?と疑問に感じるのでしょうけど要点をわかっておくことにより図を読み取る事が出来るようになるのです。

いつ頃から円が上昇するとか下がり始めているとか一番円安などとこの図表のおかげで判断する事が出来、為替取引をするためには非常に役立つものとなるらしいです。

ここで言うグラフは、日本ではローソク足(陰陽足)を使っておりその名前の通りローソク形の図表で表現されているのです。

このようなローソク足(陰陽足)は、高値か安値かつ終値と始値等を表していて図においてはいろいろな格好になって行くのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.museum-network.com All Rights Reserved.