トップイメージ
貰ったレシートの保有する必要性はあるか?答えについて最初に言うと保持する必要は特別ないというのが答えです。個人によっては保持することで自らが切った内容をとっておきたいと考える場合保管すればよいのだし、それらの痕跡は無くても問題ないということであれば残しておく必然性はないのです。ただ月に一度送られる使用履歴との確認作業をする時には必ずこれらのレシートは必要です。それまで保持しておかないと、どこの店でいつ頃いくら決済したかについて不明になってしまうだけでなく、誤請求・ダブりに関する照合も不可能になるので危険。特に使った金額はレシートを持っていない限りは覚えていることはできません。理想を言えば使用明細書が到着する1ヶ月か2ヶ月まではしっかりと明細レシートを所持するようにしたいものである。クレカのレシート破棄の手段●クレジットの利用レシート廃棄のやり方は非常にシンプル。見ず知らずの人に不正な利用をされないようできるだけ細かく裁断して破棄するだけで大丈夫である。自宅用裁断機等が自宅に置いてあるならば念のため使うのもありでしょう。なんと言ってもクレカの使用を証明するレシートであるがゆえクレジットカードナンバーなど、機密情報を判別できることが詰まっているのです。不要なレシートと考えず廃棄は用心して実施したほうがよいでしょう。また、安全対策のために明細レシートにクレジット番号などの情報が書かれていない明細レシートも出てきているが、過度な安心は禁物と思われます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.museum-network.com All Rights Reserved.