トップイメージ

カードを店頭で使用する時に、誰しも体験したことがおありかと思うのだがレジのスタッフが未熟なことでどの明細を利用者の方に渡して良いのか迷っている時があるかと思います。ライザップ 池袋

というのも、クレカを使用すると、専用端末の方から3枚1組の利用明細が出されるためで、このレシートの中のどの紙をお客さんへ渡すべきか迷ってしまうというケースがあるのです。ライザップ 千葉

数枚の明細の正体:上で述べた明細レシートの解説とはどういうものなのかというと、↓の通りです。

1利用者に渡さなければいけない利用レシート。

2お店の控え利用レシート。

3クレジットカード会社控え利用明細(記名するレシート)。

普通であれば絶対カード利用者の方へ保管して頂く使用レシートを渡されるのですが、たまに、店舗控え用の明細を客にミスして渡してしまったパターンの他署名された側の利用明細自体を渡すという大きなミスさえもあるのです。

アルバイトスタッフであったり、普段カードが利用されるケースの少ない店にてカードを使うと従業員の困った姿というものが見れるでしょう。

いつかスタッフが誤った方の紙というものを渡した暁には、やさしく「これじゃありませんよ」などと教えてあげてほしいものです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.museum-network.com All Rights Reserved.