トップイメージ
受け取った明細レシート保存する必要性はある?正解から冒頭に申し上げると保管する義務は特にあるわけではありません。個人個人で保存していることが個々が使用した証拠をとっておきたいと思う場合は残せばよいのですし、逆にそんな履歴は無くてもよいということであれば保管する理由はないでしょう。とはいえ月に一度送られてくる使用履歴との確認の時においては例外なくそれらの明細レシートが必要となります。レシートをその時まではキープしていないと、どのショップでいつ頃どのくらい決済したかということが確かでなくなることだけではなく、誤りの他重複した請求についての照合すらすることができないから危険なのです。おそらくクレジットを使用した額は利用レシートを保管していない限りは記憶しておくことはできないはずです。短くても使用履歴が手元に届く1ヶ月もしくは2ヶ月くらいの期間は保存したほうがよい。クレカの利用レシート処分法)クレジットカードの明細レシート廃棄手段は至って簡単です。第三者に不正使用されないようバラバラに裁断して捨てるだけです。簡易裁断機等が自宅で使えるのであれば念には念を入れて使うのが良いでしょう。なにせクレカの履歴を残している明細レシートなのだからクレカ番号等機密情報を判別される情報が非常に多く詰まっています。不必要なレシートと思わず、破棄は厳重に行うべきです。また、防犯対策の意味で利用レシートにカードNo等の個人情報が表記されないレシートも出始めているが、過度な安心は禁物と考えます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.museum-network.com All Rights Reserved.