トップイメージ
ショップにおいて決済する際もれなく経験したことがおありではないかと察しますが、レジのスタッフがわかっていないことでどちらのレシートを利用者へ渡したら良いのか迷うときがあるかと思います。クレカを使用すると、マシンからは3組綴りの利用明細が出力されるからでしてこの明細のうちどの明細を利用者の方へ差し出したら良いのかわからないということがあります。複数のレシートの解説)この3組綴りの利用明細についてとはいかなるものかということについてまとめると下のようになります。1お客さんに渡すべき使用レシート。2店舗で保管する明細。3クレジットカード会社控え明細(サインをする明細)。本来であれば当然客側へ保管してもらう紙を渡されるはずなのですが、稀に、別の明細をお客様の方へ渡してしまう場合の他、記名をした方の使用レシートを渡してしまう重大なミスすら見られます。このようなパターンはパートの担当者に対してや、普段クレジットカードというものが使われることの少ない店頭で会計する際カードを利用する際、こういった従業員の焦りというものが見れることでしょう(笑)。今後スタッフが誤った方の利用レシートというものを渡そうとした際はやさしく「これじゃありませんよ」と一言教育してあげてください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.museum-network.com All Rights Reserved.