トップイメージ
換金目的をもって電車等の回数券などを決済してしまう)カード現金化サービスを使用しないで自身が現金化する目的にてクレジットカード購入をする行為も同じ事です。現金に変えることを目的としたクレジットカードの決済というのは、クレカの契約内容違反となってしまうためです。たくさんの列車の回数券・切手通販等でのクレジット利用については、場合によっては換金目的ではないのか、というように目をつけられる場合などもありますので、細心の注意が必須です尚、使用時点においてキャッシング利用枠の方が限度となられてしまっている契約者ケースは列車等の回数券等を購入することにトライする瞬間にクレジットカード会社によりチェックの電話が来るというケースがあるため、金欠時のカード使用はさせないようになってしまうと思われます。お金に困った時に企むことは皆、似たようなものなのです。クレカの会社に対して喜ばしくない利用の仕方をしてしまう●だいぶ前に流行した『永久機関』であったり、クレジットカードの発行会社の立場からみて一つも利益にならない不正な取引を行った場合には、クレジットカード発行会社の判断で強制退会という扱いになってしまうケースがあります。ネット上に話題となった決済ポイントの不正な入手など世に流れていない秘密の方法というものが存在したとしても、これらの手段というものは間違えなくカードのルールに反する行為であるわけだから何があっても利用しないようにしてください。強制退会となってしまった個人情報については他のカード会社へ知られる・・・強制没収させられてしまってもその他のクレジットというのは使用できるのであるから、1枚くらいであればいいでしょう??とか思ったあなた現在の情報流通社会にあってはそれが信用を失う可能性があります。なぜならば、まず強制没収扱いとなるという状況にはカード会社により入手可能な個人情報へ退会の個人情報が通達されてしまうから事故を起こした人の信用力というものがなくなる場合もあるためです。保有するたった1枚ですらクレカを失効させられてしまえばその他のクレジットカードであっても作りにくくなるし、場合によっては他に使っているクレカまで強制没収となってしまう事態もあるでしょう。強制退会とならずに継続して使用できる際にも使用期限満了と同時に更新できなくなることもあります。記載していますが失効させられてしまうような使用方法はどんな理由があってもなさることのないように規約を守ってクレカを使って頂きたいと思っています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.museum-network.com All Rights Reserved.